歪曲引用犯「ひろゆき」の反論まがい

46 -
今日の二本目の記事です。

ある友人が「ひろゆき」の反論まがいツイートのリンクを送ってくれました。

「ひろゆき」がまたまた歪曲引用

「ひろゆき」のツイートを引用します。
*****
ひろゆき, Hiroyuki Nishimura@hirox246

「語源が古いから、若者言葉ではない」というのは反論になってません。
「ヤバい」は若者言葉ですが、江戸時代から使われていて、「矢場」から来てます。
そもそも、ご自身で「『若者言葉を知らない』ということはあり得ますが」と認めてるので、、、

*****

「ひろゆき」は、またも歪曲引用をしています。累犯です。F爺の言っても書いてもいないことを「引用」したと称しています。

省略が多くて分かりにくい文ですが、ここ数日の状況を踏まえると、恐らく、F爺とフランス語の卑語「putain」を話題にしているのだろうと推定できます。

F爺の原文

F爺の原文を自己引用します。

   #####
   「ひろゆき」は、「putain」を若者言葉だと思い込んでいますが、事実無根です。
   権威ある仏仏辞典『Robert』によると、1120年に既に存在したことが確認できている言葉です。
   時と場合によって、どんな年齢のフランス語人も使います。派生語義の
   「阿諛(あゆ)追従(ついしょう)をする輩」という意味では、男を指しても用います。
   #####

F爺は、「語源が古いから、若者言葉ではない」などとは言っていないし、そもそも「語源」という言葉を使っていません。

フランス語の単語「putain」は、
【階層や職業、年齢に拘わらず用いる言葉だから、「若者言葉」の範疇には入らない】
と言っているのです。但し、下品な言葉ですから、教養ある人は、時と場所と場合を弁えずに不用意に口に出すことはありません。

逆に言うと・・・ある種の環境では、しょっちゅう耳にする言葉です。

民衆語源に根拠は無い

「ひろゆき」は、「ヤバい」という言葉の「語源」なるものを披露していますが、数ある根拠の無いド素人語源説の一つに過ぎないことを知らないようです。典拠を示していないのは、そんなものは存在しないからです。

巷間に溢れている語源説というものがいかに荒唐無稽なものか、まだ聞いたことの無い方は、例えば当ブログの記事
「泡」と「粟」は発音が違う〉 

「富士」と「藤」
『大言海』の場合
などをご覧ください。

語源説は、名の知れた「国語」辞典に書いてあっても思い付きの語呂合わせに過ぎないことが殆どなのです。

謙譲表現

「ひろゆき」は、
ご自身で「『若者言葉を知らない』ということはあり得ますが」と認めてるので
と書いています。

世の中には謙譲表現というものが存在することを知らないのですね。どこまで無教養なのでしょう。

 疑問

「ヤバい」は、1946年生まれのF爺も、場面によっては、使います。勿論、1968年頃の意味でも、後から出現した「素晴らしい」という意味でも。「ひろゆき」の「若者言葉」の定義って何なのでしょう。

ここまでの纏め

「ひろゆき」は、歪曲引用を繰り返しています。背信行為・犯罪行為です。自分が嘘吐きであることを公に宣伝し続けることを択んだのです。憫(あわ)れです。

存在しない突っ込みどころを捏造して攻撃する妄想狂です。

そして、問題を差別から若者言葉の定義にすり替えようとしています。

匿名掲示板のニュース

別の友人が、「ひろゆき」とF爺・小島剛一を話題にしている多数の匿名掲示板のことを教えてくれました。要約します。どの掲示板も大同小異だそうです。

【「ひろゆき」は、喧嘩を吹っ掛ける相手を間違えた。「完膚なきまでに論破され完敗www」】

【F爺が「ひろゆき」の言動を分析して導いた結論を多くのサイトが引用している。その結論に「#」の付いた項目が10個あるため、「十戒」と呼ぶ人もいる。
〔今後、「ひろゆき」が詭弁を弄しても、これを貼り付ければ退治できる〕
というコメントもある】
・・・・ということです。

して見ると、「ひろゆき」のツイートは、負け犬の遠吠えだから放っておけば良い、ということになります。でも・・・そんなに上手く行くかなあ。

「#」の付いた項目が10個

その「十戒」を自己引用します。

   #####
   「ひろゆき」は、
   # 頻繁に議題のすり替えを試み、
   # 自分が無知なくせに
   # 他者を「勉強不足」呼ばわりし、
   # 人格攻撃を好み、
   # 何が若者言葉であるかも知らず、
   # 映画を観る時には悪罵の出現回数を指折り数えることに集中し、
   # 高齢者差別をし、
   # 何が人種差別であるかも知らず、
   # 自分が差別されていることにも気が付かず、
   # 44歳にもなって未だに「若者」のつもりでいます。
   #####

ああ、確かに十ヶ条ありますね(笑)。でも「戒」ではないのですから、「十戒」とは異なる呼び方が必要です。

代案として「ひろゆきの十罪」なんかは、いかがでしょうか。「重罪」と掛詞(かけことば)になります。

それとも「ひろゆきの十狂」のほうが良いでしょうか。こちらは、「実況」と同音になって楽しく遊べそうです。

さらに続々とツイート

また別の友人が、異なるツイートを知らせてくれました。「ひろゆき」がF爺を
自称・専門家
と呼んで貶(おとし)めたつもりになっているのだそうです。またまた論点ずらしに勤(いそ)しんでいるらしいのですが・・・既に早稲田大学のフランス語の先生が完全に論破してくださったそうですから、敢えてリンクは貼りません。

しかも、友人によると、「ひろゆき」は、「自己歪曲引用」つまり「自分の書いた文字列を歪曲して引用」ということもしているのだそうです。

この分では、F爺が興味無いから調べていないだけで、毎日何十通も発信しているのかもしれません。

F爺が何の専門家を詐称したというのかは、そこには書いていないそうです。根拠も典拠も示さないのでは、検証のしようがありませんね。軽蔑して無視するほかはありません。

「ひろゆき」は、そういう虚報ツイートを発信して、F爺を貶め、挑発したつもりになっているのでしょう。でも、F爺には、足の生え始めた段階で成長の止まった御玉杓子(←慎み深い振りをするために慌てて取消し)「ひろゆき」のような卑怯で邪悪な嘘吐きと議論をすることで時間と労力を無駄にする気はありません。

「ひろゆき」は、今後もあらゆる機会に詭弁を弄し続けることでしょう。その矛先の一部はF爺に向かうかもしれません。しかし、まともな人間は、「ひろゆき」が誰かの悪口を言ったら
【悪いのは嘘吐きの「ひろゆき」のほうに決まっている】
と直ちに理解するのです。挑発しても誰にも相手にしてもらえなくなった負け御玉杓子(*)が片隅で口先だけの惨めな「勝利宣言」とやらをして無い面子を保とうと無駄な努力をするのなら、優しく放っておいてあげましょう。

(*) 日本語習得途上の読者のための注。「負け御玉杓子(おたまじゃくし)」は、「負け犬」という表現をもじったものです。「まだ蛙(かえる)にもなっていない」という含みですから、侮蔑の度合いは想像が付きますよね。

今朝も、友人たちから「ひろゆき」の新しい愚ツイートのリンクが届いています。いちいち反応するのは時間と労力の無駄ですから、たくんさん溜まった頃、一番傑作なのを択んで笑いものにしてやろうと待ち構えています。

余談

「ひろゆき」に「論破王」という称号があると聞きました。これ、きっと、「論理破綻王」の間違いですよね。ん・・・いや・・・待てよ・・・単なる脱字が重なっただけかな。
ページトップ